BLOG

ブログ記事の文字数は結局何文字がいいのだろうか【優先すべきは読者】

ブログ記事の文字数は結局何文字がいいのだろうか【優先すべきは読者】ブログ記事の文字数は結局何文字がいいのだろうか【優先すべきは読者】
かえるくん
・ブログ記事の文字数って何文字がいいの?

・ブログの文字数はたくさん書いた方がいいって本当?

 

こんな悩みを解決します。

 

✔︎ この記事の信頼性

ブログ開設2ヶ月で収益5桁を達成し、ブログ記事150記事以上書き続けた僕がブログ記事の文字数についてわかりやすく解説します。

 

ブログ記事を書いていて、質の高い記事を書くのはある程度文字数が必要です。

 

でも、『ブログ記事の文字数はどれだけ必要なの?』と思う人も多いはず。

 

そこで今回は、検索上位表示を狙うためのブログ記事の文字数について紹介します。

 

こんな方におすすめ

  • ブログ記事の文字数
  • 記事を書くときに心掛ける事

 

この記事を読めば、ブログ記事の文字数がわかるので、参考にしてみてください。

 

ブログ記事に必要な文字数

ブログ記事に必要な文字数

参考:コンテンツSEOツール

 

結論、ブログ記事の文字数は『5,000文字』です。

 

なぜ、5,000文字も必要なのかは上記の画像を確認すると分かりやすいと思います。

 

上記の画像は、「ブログ」と検索したときに上位表示される記事の文字数を表示してくれるツールです。

 

上位サイト平均文字数は「5,734文字」であり、最高でも「27,152文字」書かれている記事があるという事で、あなたは2万文字ある記事に内容の濃さで勝っていると断言できますか?

 

こんな感じで、自分が書きたいキーワードの上位表示されている平均文字数を調べてみると良いかもしれません。

 

つまり、ブログ記事は文字数が多い記事が検索上位を網羅しているというわけであり、『5,000文字』を書いておけばOKという事です。

 

5,000文字書いておけば抜け落ちた情報や、足りない情報などを補足する事ができるので、記事の質が悪いということにはなりません。

 

検索上位に表示されている記事を読みあさり、自分の記事に足りない情報を追記していきましょう。(パクリはダメです)

 

ブログ記事で、他ブログに勝る情報を網羅できる文字数が『5,000文字』ということです。

 

かえるくん
実際にブログを観覧していると抜け落ちている情報が多いと実感するよ!

 

ブログ記事は文字数ではなく内容

ブログ記事は文字数ではなく内容

 

しかし、ブログ記事は文字数だけ増やせばいいというものではありません。

 

✔︎ 必要な内容

・具体例・体験談

・読者の悩みを解決

・読者の検索意図を読みとる

 

上記のとおり。

 

例えば、同じキーワードで記事を書いていたとして、「あなたが実際に体験した出来事」が書かれた記事と、「想像だけで書いた出来事」どちらの文章に惹かれるかは一目瞭然ですよね。

 

✔︎ 読者の悩みを解決

調べたい事柄を検索したとき、読者の「知りたい情報」や「答え」を求めて検索する。

 

「知りたい情報」「答え」がない時は読者は記事を閉じ、答えが書いてある別のブログへ移動します。

 

そのため、離脱率が下がり質の悪い記事として検索上位に表示されることはなくなるでしょう。

 

✔︎ 読者の検索意図を読みとる

読者の「知りたい情報」や「答え」を先に読み取っておくことで、答えがなくて記事を離脱することが少なくなります。

 

「〇〇県 おすすめ ラーメン」を検索したのに「〇〇県の美味しいラーメンのある中華料理店」なんて検索意図と離れた記事が表示されたらたまったもんじゃないですからね。

 

解説したように、読者が「知りたい情報」や、「問題の答え」をしっかり記入するようにしましょう。

 

そして検索意図を読みとるためには、検索上位に表示されている『記事を読む』ことや、キーワードで検索したときに『自分だったらどんな意図で検索するのか』を考えながら記事を書くと検索意図を読み取る事ができます。

 

しかし、文字数を気にしすぎるあまり、記事の内容と別のことを書いてしまう事があるので注意しましょう。

 

かえるくん
キーワード1つにつき1つの内容だけ書くようにしようね!

 

そして、記事での『知りたい情報』『答え』などは、記事の初めに書くようにしましょう。

 

自分でも調べ物をすると思いますが、知りたい情報がなかなか出てこないとイライラしますよね。

 

記事の初めに『答え』を書くことによって、簡単に素早く必要な情報だけを伝えることができます。

 

読者の読みやすい記事を書く事が目的なので、無駄に文字数の多い記事ダラダラ読んでくれる読者は少ないと言えるでしょう。

 

①「主張・結果」

②「理由」

③「具体例」

 

✔︎ 例

①ブログ記事の文字数は5,000文字必要

②検索上位の記事が5,000文字を超えている

③検索上位の記事内容の濃さを考えると5,000文字必要

 

上記の順番で記事を書く事で、読みやすいブログができるので是非試してみてください。

 

かえるくん
なかなかできてるブロガーは少ないので、マスターすると読みやす記事が出来上がるね!

 

ブログ記事は読者優先で書けば問題ない

ブログ記事は読者優先で書けば問題ない

 

そして、初心者ブロガーにありがちですが、文字数を気にしすぎる傾向にあります。

 

ブログ記事の本質的なことを言えば、検索した『答え』が記事に書かれていれば記事の質としては十分です。

 

記事の質としては十分ですが、他ブログとの記事との『差』を出していかなければ、検索上位に入ることも、記事を読まれることはありません。

 

・他記事と差別化できているか

・自分の体験や具体例は混ぜられているか

・他記事が書いてあることを網羅できているか

・画像やグラフなどを織り交ぜて読者に伝わりやすいか

 

この4点を気をつけてブログ記事を書いていけば自ずと良質な記事が書けるはずです。

 

かえるくん
他ブログの記事傾向も見る必要性があるね

 

文字数が少なくても上位表示される

 

文字数が少なくても、検索上位に表示されている記事ってありますよね。

 

あくまで『文字数が少なくてもいい理由のある記事』と言うだけです。

 

いくつか事例を上げていきます。

 

✔︎ 文字数の少ない記事

・ライバルの少ない記事

・企業サイトや公式サイト

・短い説明で完結する記事

・重要な情報だけ記載された記事

・すぐに結論を伝えることのできる記事

 

現在のキーワード検索上位を見てもらえると分かる通り、企業サイトが検索1ページ目に表示されている事が多いです。

 

『企業サイト』『公式サイト』など、正しい情報を伝えるサイトをGoogleは検索上位に表示する傾向にあるためです。

 

その企業と渡り合うためにも、ブログ記事の文字数を増やして、企業サイトや公式サイトに書けない記事を書かなくてはいけません。

 

体験談やレビューなど、公式サイトには書けない実際に使用してみてどうだったか、使用して1週間後どうなったのか、読者が知りたい事を記載しましょう。

 

ブログ記事の文字数はSEOに関係があるのか

ブログ記事の文字数はSEOに関係があるのか

 

文字数が検索上位に入るために、必要な要素とお伝えしましたが、Googleの社員が実際に公式に発言したのは下記の通り。

 

検索順確定のアルゴリズムでは文字数を判断材料にしていない。よって単純な文字数を気にする必要はない。

 

Google自身は検索順位に文字数は直接関係しないと発言しているにもかかわらず、実際には文字数の多いページがSEOで有利な傾向があるのはなぜでしょうか、、、

 

このような矛盾が発生する理由としてはただ1つ。

 

質の高いコンテンツを作ると自然と文字数が増える。

 

おそらく、文字数が多いことで、読者が探している検索意図を自然に記事内に記載することにもなり、その他のお得情報も知る事ができるので質の高い記事と言うことです。

 

つまりは、『網羅性が高く、検索ニーズを満たす』コンテンツになると言うことです。

 

かえるくん
あくまで、読者の求めている内容です。無駄な情報を書いても意味ないよ!

 

ブログ記事の文字数が増えない対処法

ブログ記事の文字数が増えない対処法

 

ブログ記事の文字数を増やしたいけれど、「書くことがない」という方もいるんじゃないでしょうか。

 

ブログで書く事がないという方は下記の3つが要因となっている事が多いです。

 

その①:ネタがない

その②:純粋に書くのが面倒

その③:100点の記事を作ろうとしている

 

上記の3つについて解説していこうと思います。

 

その①:ネタがない

 

多くの人が、文章が書けない理由としては『ネタがない』事なのだと思います。

 

実際たくさん記事を書いていたり、そのものについて言及していると書くことは少なくなります。

 

しかし、記事を書いた後、1週間後に記事を見直してみると、まだまだ書く事があったなと思うわけです。

 

基本的に頭が凝り固まっているだけか、深堀が足りないことにあります。

 

そして、自分だったら「この文章を書いてくれていたら嬉しい」などと客観的にブログを見る事が重要です。

 

問題に対しての『結果』だけでなく、『解決方法』や、『対策』それをしないための『商品紹介』なども書く事ができるため、アフィリエイトするにはもってこいなのです。

 

かえるくん
書く事がない人は、アフィリエイトできないか商品を探してみよう!

 

その②:純粋に書くのが面倒

 

ありがちな問題ですが、やる気がなくて書く気が起きず、このままで大丈夫だろうと記事を投稿してしまう傾向にあります。

 

ある程度記事を書いて清書しようと思った時に「文字数が少ないけれど、まあいいか」と思った経験はありませんか?

 

「3,000文字書いたので十分だろう」と、文字数で満足感を得ている方もいらっしゃるんじゃないかと思います。

 

問題なのは、『文字数で満足している』事です。

 

記事の質ではなく、〇〇文字書く事が目的となってしまっているため、このような問題が起きるわけです。

 

「あと少し書いた方がいいんだろうけど、面倒だな」と思う時があったら、そのもう少しを書いてみてください。

 

かえるくん
もう少しが書けるだけで記事の質がとても良くなるよ!

 

その③:100点の記事を作ろうとしている

 

最後に5,000文字書けないという方の理由として、100点の記事を作成しようとしていることにあります。

 

ブログの出来は基本60点を目指して書きましょう。

 

「ブログは60点でいいのかよ」と思った方がいらっしゃると思いますが、文章を書く時は、今書ける最高の完成度にしてください。

 

1ヶ月後記事を見た時に60点の記事に見えているはずだと思います。笑

 

誰でも、『100点』の記事を書くのは難しいです。全力で書いた方がいいけれど、後々追記もできるので、とりあえず記事だけ完成させるようにしましょう。

 

記事さえ完成させてしまえば、そこからアフィリ収益や、感想などもらう事ができるのでブログのやる気もアップするわけです。

 

かえるくん
とりあえず、記事を全力で書こうね!

 

まとめ:ブログ記事の文字数は結局何文字がいいのだろうか【優先すべきは読者】

まとめ:ブログ記事の文字数は結局何文字がいいのだろうか【優先すべきは読者】

 

今回は、ブログ記事の文字数について紹介しました。

 

ポイント

・ブログ記事の文字数

・記事を書くときに心掛ける事

 

繰り返しになりますが、ブログ記事の文字数は基本的に『5,000文字』を目指すと良いと言うことです。

 

かえるくん
5,000文字も書けないよ;;

 

5,000文字を無理だと感じる方もいると思いますが、検索上位に表示されたいなら、この文字数を書いた方がいいです。

 

書くネタがない時は、キーワード検索上位にいる他ブログを参考にしてみるのも良いかもしれません。

 

他ブログが書いてあることも網羅しつつ、自分だけしか書けない記事を書く事で、質の良いコンテンツを作る事ができます。

 

少し頑張ってみませんか?

 

関連記事:
»【初心者向け】ブログ収益化までの5つの手順と基礎知識

-BLOG
-

© 2020 Flog Blog(かえるブログ)